龍のちょっと一服

アクセスカウンタ

zoom RSS 義経さん北へ  2017/07/03(月)

<<   作成日時 : 2017/07/03 10:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


  雨音をたてて、降り続いておりますなあ。

 
  義経さん北へ 

  五十瀬神社 (江刺区田原御免)

画像



 昨日7/2の「平成29年度 ”神社巡拝”」の

 4番目の五十神社の資料を見てましたら、載っていたのです。

 ちょっと、長いけど・・・・


 ”由緒”

 天和三年(1683年)9月、仙台藩主伊達綱村領内、巡倹として、

 東磐井郡猿沢より、岩谷堂に至る途次・・・・

 「東街道(東海道)は”源義経”が衣川館より夷地に下りし古道なりと聞召し。

 これを、通過せられし時、

 西南方向、土谷村内の一小峯を認められ、

 小時、休憩して、その風光を賞し、

 荒巻村・伊勢山に類したり、とて、

 この地を伊勢山と唱え、神明社を奉礼すべき旨命ありしを以て

 当時の村肝入、小松大学等、村民と相計り、

 神殿造営し、伊勢神宮を奉安したり。

 また、綱村公より、一反歩の社地を寄進せられたり。

 よって、社地付近の地名を-御免-と呼ぶ。」

 
 **** 当時(天和三年・1683年)でさえ、

  ”義経北行”は、信じられていたかどうかは、別にして

  その、話しは、伝わっていた・・・・と、いうことが、興味ありだよな。

  この神社のすぐ下に、”弁慶屋敷”(義経一行が、北へ向かう途中、食糧を調達した。

   と、伝えられている屋敷跡がある。(近くに行ってみても、オイラは、よく、わからなかった)

  そんな事も、巡検の時に、思い浮かべたのかな?


画像


 *** 南正面に、羽田の”羽黒山”(阿弖流為・モレの伝説あり)。この事も、知っていたのか?

     -- 杉木立の間 --

 

義経北行伝説の旅 (んだんだブックス)
無明舎出版
2005-04-30
伊藤 孝博

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 義経北行伝説の旅 (んだんだブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
義経さん北へ  2017/07/03(月) 龍のちょっと一服/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる